通常学級から支援学級への歩み

こんにちは。スタッフのひまわりです。

人に自分の気持ちを伝えるのが苦手で、場面緘黙(かんもく)のわが子。

小学校の通常級で過ごしていますが
3年生くらいからしんどさを抱えるようになりました。

家ではそのストレスが出て、
それに対応する私も余裕がなくなり
親子バトルはどんどんエスカレートするばかり。

毎年、先生へ支援学級への転籍を相談しましたが
校長先生も担任の先生もコーディネーターの先生も
「困ってませんよ」
と話を進めてくれませんでした。

校長先生の言われる「困ってません」の主語は「本人」ではなく「先生」

本人は間違いなく困っているのです。

諦めれきれない私にチャンスが訪れました。
長年勤められた校長先生が退職し、新しい校長先生に変わったのです。

私は、わが子がなぜ困っているのか。
親がどう困っているのか。
得意なことと不得意なことを、場面場面で箇条書きにして
発達検査の書類とともに担任に提出しました。

担任の先生は本当に素敵で、親身になって考えて下さり、
今まで実現しなかった、校內で審査を行ってもらえるところまでこぎつけました。

支援学級に入るには、親の希望だけでなく、学校や教育委員会の許可が必要なので、転籍を実現するには多くのハードルがあり時間がかかります。

まだまだこれからですが、オリジナルの「こどものトリセツ」を担任の先生に提出しました。
先生がそれを元にして、息子にいろんなアプローチをしてくれたおかげで、すでに色々な変化が起こっていますいます。

手をあげられるようになった。
話し合いに参加できるようになった。

得意なことを活かしてくれて、
誉めて伸ばしてくれます。

素敵な出会いは、こどもに影響力を与えてくれる…今は心からそう感じています。

子どもの為に、何ができるのか。
どんなことができるのか。
先輩ママ達に聞いてみませんか?

岡山県の各地で、先輩ママと直接話せる座談会を行います。
詳細はこちら

また、発達障害に関する様々な情報は
情報サイト つながる みつかる ぱすてるねっと