就労支援

スタッフのひまわりです。先日、就労支援についての話を聞きに行ってきました。障害を持つ方の就職について、就労支援制度を利用しての就職率や離職率、どんな内容の訓練をおこなうのか、企業側が求める人材、障害者に対する企業の理解や配慮…いろんなお話が聞け、本人や保護者の安心材料となる要素盛りだくさんでした。
ブログでは、このお話の内容の濃さが全てお伝えできないのが残念ですが、また学んだことをブログでも細かくお話していけたらと思います。
まだ小さい子をお持ちの保護者様にもまだまだ遠いように感じますが、将来を見すえて「仕事に就く」という意識を持ちながら生活や学習を支援していくことが大切かと思います。
しかし、高校や支援学校を卒業した後のこと、親亡き後のこと、いろいろと将来が不安ではあると思いますが、大人になっても福祉サービスが使え、福祉サービスに守られているんだなと改めて実感しました。